MENU

『弱い立場にある方の視点に立ち、あらゆる世代の声を届ける』

加藤りょうじ 2019年が幕を開けました。いよいよ今年は平成から新しい元号へと変わっていく年です。消費税のアップも予定されており、お財布の中の動きも変化することでしょう。時代はAI(人工知能)やIoT(物をインターネットにつなぐこと)を活用した、「第4次産業革命」と言われる時代となり、生活にロボットが入ってきたり、自動運転車の実用化などが現実のものとなってきました。私たちの生活も大きく変わろうとしています。5年後や10年後といった近い将来がどういった世界になっていくのか、想像するのが難しい、急速な変化を伴う時代に突入したわけです。しかしながら、政治の世界では変化が見られてきておりません。本当に私たちの生活を良くするために、困っている人たちの視点で考えてくれているのでしょうか。私たちの訴えや声は届いているのでしょうか。民間企業にいた私が強く感じるのは、行政機関にはスピード感がないため、困っている現場や社会的に弱い立場にある方々へのサービスがなかなか届かない、ということです。時代の変化に対応できずにいる今の政治の進め方に望みが持てず、人々の期待も薄れてしまっています。弱い立場にある方々や若者、障がいのある方々、もっと声をあげていいはずの多くの人々が、諦めから声をあげなくなっているのではないでしょうか。今だからこそ、行政を監視する役割を担う地方議会を変革し、地方議員の責務がきちんと果たされる議会をつくるべきです。将来を見据え、弱い立場にある方の視点に立ち、あらゆる世代の声を政治に届ける、まさに「草の根の政治」が必要です。そして、その「草の根の政治」が活かされる、スピード感のある議会づくりを実行します。
みなさまの声をお聞かせください。
もっともっと声をあげていきましょう!
立憲民主党千葉県第13区総支部幹事(印西・栄担当)加藤りょうじ

加藤りょうじの約束

子育て・教育サービスの充実

未来をつくる子どもたちへの投資、子どもを育てるための支援の拡充

子育て保育所待機児童の解消に苦しんでいる市町村に向けた支援の拡大に取り組みます。増加する児童虐待や保育不安への対策として、相談窓口となる児童相談所が少なくとも各自治体ごとに設立されるよう、自治体と連携し取り組みます。

医療・介護・福祉サービスの充実

誰もが安心できる、介護・医療・福祉サービスの充実化

介護・医療・福祉サービス千葉県の高齢化の進行は全国でも2番目です。それに対応できる介護サービスの体制づくりと在宅医療支援体制の整備に取り組みます。医療では、人口に対して医師や看護師の数が全国でもワーストクラスとなっています。この点を改善し、県民が安心できる医療体制づくりに取り組みます。身体障がい者、精神障がい者、知的障がい者、発達障がい者、医療的ケア児といった社会的な弱者が社会的障壁によって日常生活に支障をきたすことのないよう、医療と福祉が連携したサービス体制づくりに取り組みます。

IT活用によるコミュニケーションの活性化

電子自治体の実現

人と人をつなぐ、コミュニケーションの活性化に取り組みます。誰もが必要な情報を得られるよう、ITを活用した情報発信体制を整えます。

議会・行財政改革

議会改革・行財政改革の実行

行財政のオーナーは県民です。県民の皆さまにさらに信頼され、期待されるよう、開かれたクリーンな千葉を目指します。

まちづくりの推進

インフラ計画の実施状況を注視

地域インフラ整備に皆さまの声が反映されるよう取り組みます。北千葉道路の開発状況を注視していきます。北総線の問題について取り組みます。

再生エネルギーの地産地消

地球温暖化対策、原発ゼロ実現を促進させるためにも、県内の企業などが中心となって再生可能エネルギーを開発し、地元業者で維持管理していく仕組みづくりに取り組みます。エネルギー自立の実現に向けて、公的補助金が優先的に投入されるよう取り組みます。

PAGE TOP